2007年04月14日

就職活動とは?

ある学生さんと話をする機会がありました。

「就職することに意味を見出せないんです。就職活動をやめて
一から自分のやりたいことを見つけたいと思っているんです。」

正直羨ましいと思いました。
就職しなくても生活していけるということですから。
裏を返せば甘いということなのですが…。
僕はとにかく必死に就職活動に励んでいた記憶があります。
陸の孤島と呼ばれていた宮崎にも新たな流通網を
作って首都圏と変わらない商品を販売したい…。
そんな想いを胸に秘めながら。

それから12年
今では何の因果か人事を担当する仕事をやっています。
これもいろんな方と接することで導かれ、磨かれ、
現在の自分があるのだと心底思います。
そして就職活動を経て、働くことができたから
そういった出逢いがあったのだということ。

脳科学者の茂木健一郎氏は言っています。
「目的や目標は、脳科学の側面からいえば行動しながら見つける
ものである」と。
つまり、立ち止まって考えても目的や目標は見つからないということです。
この学生さんに続けて伝えました。

「就職活動という多くの社会人の方と出逢える機会・行動しながら考えるという
絶好の機会・おまけにあらゆる業種の企業が覗けるという機会
こんなまたとない機会を自ら放棄してるんですヨ。モッタイナイと思いませんか?」

内定を多く頂いている学生さんやすでに起業をされている学生さんの共通点があります。
考える前に行動しています
そして行動しながら考えています

最後は晴れやかな表情だったこの学生。
とにかく行動あるのみicon59
殻に閉じこもるなんてモッタイナイですヨicon59


  


2007年03月15日

JOB「REAL」CAFE に参加します


ジョブ「リアル」カフェ。
福岡大学発のあるNPO法人が主催する就活イベントなのですが
簡単に言うとカフェで学生と社会人が同じテーブルで
ざっくばらんface01に話をしようというものです。

ざっくばらんなので服装はもちろん自由。

毎回、テーマに沿った社会人を呼んで、企業説明会や就職課では聞けない
リアルな情報が聞けるという学生さんにはとっては大変ありがたい
ことを定期的にやってらっしゃいます。

で、今回のテーマが【icon12転職・独立・企業icon12!!】ということで、
社会人ゲストのひとりとして、私じんじぶちょーも
参加させていただくことになったのです。

そう、実は転職組なのですicon99

前職は…百貨店に勤めておりまして、食料品から外商、最後は
ポロ・ラルフローレンのショップマスターなんぞを経験の後、
縁あって現在の会社に転職したのです。

というわけで、当日はじんじぶちょーの転職秘話を
学生のみなさんにたっぷりicon10お話したいと思います。

 3月17日(土)14:00~
 
 天神イムズ12F キリン-ソウソウ

 今回限定20名ということですが、参加される学生さん
 お会いできるのを楽しみにしていますicon59

 また、参加予定の経営者の皆様ならびに社会人の方々
 当日は宜しくお願い致します。
 






  


2007年03月12日

新卒採用戦線異状あり!?


はい、まさに異状「あり」ですface08

企業さんの仕掛けは例年より早かった→予想通りface01
学生さんの活動開始が例年より遅い→予想外face08
おそらく大手で採用枠を拡大している企業が増えているため、もともと地場で考えている
学生さんが流れているものと考えられます。

内定を頂く学生さんとそうでない学生さんのいわゆる二極化がさらに進む→予想通りだが予想以上face08
これは間違いありません。選考中の我が社でも既にどのようにして「この会社に入りたいicon12」と
思わせるかをあれこれ考えています。

我々ベンチャー企業はかなり覚悟してかからないと、良い人材どころか採用ゼロicon15にも
なろかねない…そんな状況です。

ゴールデンウィーク前後には、「内定をだしました!!」という朗報が届けられるよう
この3,4月めいいっぱい採用活動に励みますicon14

今年はこの内定を出した後に昨年以上に注力icon09しないといけないんですけどね。



  


2007年02月27日

守れない約束はしない

今日は我が社今期二回目の会社説明会。

昨日の20:00くらいでしょうか、
説明会に予約していた学生さんからのTELicon83
何でも、スーツを釘のようなものに引っ掛けてしまい
破いてしまったとのこと。
スーツを買うお金も持ち合わせてなく、失礼ながら私服で
参加させていただいてもよろしいでしょうかicon66
という連絡でした。

すごく清々しい気分face02になりました。
「ここまでしてウチの説明会に来たいんだ」
こういう場合、破れたスーツではみっともないと参加を断念する学生さんの方が
恐らく多いのではないでしょうか。
きちんと電話連絡していただける誠実さ、事情を正直に話していただいた
素直さ…この2つを既にこの学生さんは見せつけてくれました。

そしてきちんと約束を守ること。

とは言うものの…
とりあえずエントリーはするもののその後は音沙汰なし
そんな学生さんが事のほか多いのもまた事実です。

ビジネスにおいても些細な約束を守れないことが重なって
信用を一気に無くしてしまうことがよくあります。

第一志望の会社、とりあえず…の会社
いろいろな動機でエントリーされているのでしょうが
約束は守りましょう。
さもなくば、守れない約束はしないことです。

「当たり前のことが当たり前にできる」
これが内定への第一歩です。

  


2007年02月22日

今年初の選考(新卒編)

本日の選考受験者はS学院大学の学生さん。

一次選考は自分史・適性検査と簡単な面接。
本来、この面接は3~5名の集団面接なのですが、日程の希望上
ひとりのみの受験ということで、総務部の者に面接をしてもらいました。

きのうも書かせていただきましたが、非常に好印象icon12な学生さんでした。
自分史ももちろんビッシリ書かれていました。

一次面接ではあらかじめ用意していた質問を3つだけ投げかけ、
あることだけ見させていただいております。

「コミュニケーション能力」

まず会話のキャッチボールができるかどうか、例えば…
「あなたのおススメの飲食店icon174を僕たちが”行ってみたい!”と思えるように宣伝してください」
という質問を投げかけます。

「○○の△△という焼き肉屋がおススメicon102です。この店肉に相当こだわってまして某焼き肉店
と同等の肉を格安で食べていただくことがオーナーの信念なんです。」
「某焼き肉店って一体どこなんですか」
「××というお店です」 …やりとりが続く…

という具合にやりとりが数珠つなぎのごとくできるかという点です。

かといってしゃべりすぎても×ですし、
言葉は多くないけれども的を得た返答ができる学生さんもいらっしゃいます。

もうひとつが「自然な傾聴のスキル」です。

だいたい3つの質問でこちらの求めるコミュニケーション能力の有無が判断
できます。

どんな仕事でも「人」との関わりなくしてできる仕事など存在しません。
そのためには最低限の第一印象とコミュニケーション能力。
一次選考はその基準を満たしているかを推し量るためのものだと
位置づけています。

そして、学生さんへのアピールの場。
選考を離れれば、学生さん全員がお客様です。
この想いはこれからもずっと忘れずにいよう。
  


2007年02月21日

明日は面接です

人の第一印象は4秒で決まるといわれています。

会社説明会で学生さんとお会いする際に
「あァ、この学生さんはどの会社さんからも引く手あまただろうな」という学生さんは
すぐにicon103わかります。
そして説明会に参加している弊社の代表とも100%一致します。

こういう学生さんは他の学生さんと何が違うのでしょうかicon66

第一印象がいいからicon66

確かにその通りです。身だしなみや表情も好印象であることには
間違いありません。
でも他の学生さんも好印象には違いないんです。

では一体…。

弊社の筆記試験では「自分史」を作成してもらっています。
これは受験されたほとんどの学生さんが「えicon60」という表情をみせます。
そりゃそうですよね、こんなこと書かせる企業はあまりないでしょうから。
この中で学生さんの喜怒哀楽・どんな壁にぶち当たってどう乗り越えて
来たのかが手に取るようにわかります。
先程のような「ひと目でわかる」学生さんは必ずこんな試練を経験し、自分で
局面を打開したことがあるんですよね。

「局面の打開」と書くと何か凄いことをしたように思いがちですが、恋愛でも
アルバイトでも友人関係でもなんでもいいんです。
こういう経験をするとオーラのようなものが出てくるのでしょうね。

このオーラ=私たちの感じる第一印象に通じるのだと思います。

明日の面接はこの輝いていたicon97学生さんを面接します。
学生さんも緊張するでしょうが、面接する側も緊張感タップリです。

我々ベンチャーにとっては、優秀な人材を採用すべく面接のひとつひとつも
重要なアピールの場なんです。

あ~、眠れなくなってきたface07










  


2007年02月15日

リクナビおそるべし!!

昨日、深夜番組を観ていると初めてリクナビのCMに遭遇しました。

その内容は…
場所はとあるスポーツバー(のようなところ)。
就活応援サポーター(サッカーの日本代表サポーターのイメージ)が
大画面に食い入るように見入っている。
大画面では、学生の内定獲得状況が流れ、その度にサポーターは
一喜一憂している。
内定を貰った学生には選挙の当選確実と同じように名前の上に赤い花が
はられている。
が、しかし…
内定ゼロの女子学生がひとり。
彼女の気持ちを想うと…
しょげ返るサポーターたち。
と、そこへ…
彼女のケータイ電話に着信音が。
固唾を呑んで見守るサポーターたち。
電話に応対する彼女。
何度か頷いたあと、涙ぐみながら
「…ありがとうございます」

「やったーーーーーっicon14

場内は割れんばかりの大歓声。
抱き合って喜びを爆発させるサポーターたち。
中には涙ぐむ者も。

そして次のようなテロップが流れるのです。

「リクナビは就職したいと願うすべての学生を応援します」

いくら戦略とはいえ
正直「やられたーっ」という印象です。
多くの学生の心をわし掴みにしたことでしょう。
これでリクナビの利用件数は大幅UPicon49することは間違いなしです。

リクナビおそるべし(いや、Rクルートおそるべしかな!?)!!  


2007年02月10日

今年初の会社説明会


昨日のことですが、今年初の会社説明会を行いました。
この時期からスタートするのは今年初の試みです。最終的には 7名の学生さんが
参加されました。



さすがにみなさん非常に意識が高くicon14、話しをするこちらもその真剣さに圧倒されそうです。
それ位、学生さんの「目ヂカラ」icon103凄かったです。
企業側としては嬉しい限りです。

僕からは「縁」の話し、代表からは「使命感」をテーマに
話しをさせていただきました。

終了後、アンケートを記入していただきましたが、かなりいい印象を持って帰っていただきこと
ができたと思います。

最後に当然片付けをするのですが、

①アンケート記入後に消しゴムのくずをきちんと隅にまとめてくれている学生さん
②ジュースを提供しているのですが、「ごちそうさまでした」と言える学生さん
③椅子をきちんとしまう学生さん

こういう学生さんはとても印象icon97に残ります。
また昨年の経験ではこういう学生さんは100%複数社から内定をいただいています。
ごく当たり前のことなんですけどね。

逆に言えば、当たり前のことが当たり前にできる学生さんが少ないということです。
ですので内定を5社以上もらう学生さんもいらっしゃれば
どんなに就活に励んでも内定ゼロの学生さんもいらっしゃいます。
要はどの企業も欲しい人材は同じだということです。

あくまでいち人事担当者の私見ですが…。

次回は2月27日(火)。
既に35名の学生さんの予約をいただいています。
本格的に採用活動のスタートです!!!










  


2007年01月31日

神の子「KID」がテーマって!?

いきなり「?」のタイトルです。

今期の新卒採用のテーマはズバリ「使命感」

例えば、ボクシング世界チャンピオンの亀田興毅。
「礼儀がなってない」だの「世間知らず」だのいろいろと叩かれておりますが、
「世界チャンピオン」という事実。そして
そこに裏打ちされた「努力」。
そんな彼をそこまでさせる想いとは?

かたや格闘界のカリスマ
山本”KID”徳郁。
高額なファイトマネーを捨ててまで
オリンピックに挑戦。
そこまでさせる想いとは?

これこそ「使命感」に他なりません。
亀田興毅は自分にボクシングを教えてくれた父のために。
”KID”はオリンピックでメダルを取れなかった父のために。
特に”KID”は幼い頃に見た父郁栄さんの号泣していた写真が乗っていた新聞記事が
今でも脳裏から離れないといいます。
もしかすると格闘界に挑戦した日からオリンピックに挑戦する日を待ちわびていたのかも
しれません。

ハイパーレスキュー隊
彼らは命がけの仕事です。
給与も命の代償という程貰っているわけではありません。
ではなぜそこまでして救出作業に命をかけるのか?
「使命感」です。
救出した方を抱きかかえたときのあのぬくもり。
そのぬくもりを人伝いに渡していく。
まさに「命のリレー」です。
「この瞬間のために我々はこの仕事をやっているのです」
あるレスキュー隊員がこう答えていました。

「~のために」
こうはっきりと答えられる仕事・職業ってステキだと思いませんか?
学生さんは3年後こうして胸を張っていえるような会社・仕事探しを目指してください。
そして会社の使命感→経営理念・ミッションをよくよくご覧ください。
うわべだけの会社がごまんとあります。
第一線で働く方々をみてみてください。
うわべかどうか…よくわかりますヨ。

  


2007年01月20日

今日のじんじぶちょーは人事部長らしく…

タイトル通り、今日は人事に関する話を少し。
「新卒採用」 2008年3月卒業見込みの学生さんを対象にした採用活動が既に始まっています。我が社も昨年12月にオープンセミナーを開催し、来月からはいよいよ会社説明会を実施します。
「えーっ、こんな時期から始めるの!?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、これでも動き出しとしては普通です。今年に限って言えばひょっとするとやや遅めかもしれません。

それだけどの企業も人の確保に懸命です。ましては我が社のようなベンチャー企業や中小企業は大手企業と同じことをしてもまず優秀な人材の採用はできません。

我が社が特に注力しているのは「会社説明会」です。
会社説明会は言わば学生さんに対する企業の自己アピールの場です。限られた時間の中で学生さんに「あっ、面白そうな会社だな」と思わせなければいけません。会社案内に載っている内容を話すだけ、VTRを流すだけの説明会では会社の良さは伝わりません。我が社のこだわりを少しだけ紹介します。
①必ず社長が出席する
②パワーポイントを駆使して、ビジュアルにも訴えかける
③BGM♪を忘れずに
④説明会のテーマを決める
他にもいろいろありますがこの4つは我が社の必須項目です。
ちなみに2007年の新卒採用では説明会に参加して頂いた学生さんの95%が
選考を受けられ、最終的に14名の学生さんが4月から新入社員として入社します。
この4つの実践で大きな効果をあげる事ができたのは紛れもない事実です。

今年も多くの学生さんとの出会いに期待しつつ、今期以上に学生さんに
「来てよかった」と思われる説明会に絶対するゾーッ!!!  


< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
タグホイヤー フォーミュラー1 ドリームキャンペーン
最近の記事
1月17日 (1/18)
初対面 (5/20)

Powered by  MyPagerank.Net
ページランク
ページランク
SEO Stats powered by MyPagerank.Net
  • seo
ブックマーク


Google
WWW
サイト内

YahooMSN
sitemap
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
アクセスカウンタ
プロフィール
じんじぶちょー
宮崎生まれ、福岡育ち。現在は福岡市城南区在住。新卒・中途採用から社内の教育・研修、人事全般をやっています。趣味は野球・フットサル・食べ歩き(主に新規開拓)。家族との時間がとれないのが唯一の悩み。
オーナーへメッセージ