2007年01月31日

神の子「KID」がテーマって!?

いきなり「?」のタイトルです。

今期の新卒採用のテーマはズバリ「使命感」

例えば、ボクシング世界チャンピオンの亀田興毅。
「礼儀がなってない」だの「世間知らず」だのいろいろと叩かれておりますが、
「世界チャンピオン」という事実。そして
そこに裏打ちされた「努力」。
そんな彼をそこまでさせる想いとは?

かたや格闘界のカリスマ
山本”KID”徳郁。
高額なファイトマネーを捨ててまで
オリンピックに挑戦。
そこまでさせる想いとは?

これこそ「使命感」に他なりません。
亀田興毅は自分にボクシングを教えてくれた父のために。
”KID”はオリンピックでメダルを取れなかった父のために。
特に”KID”は幼い頃に見た父郁栄さんの号泣していた写真が乗っていた新聞記事が
今でも脳裏から離れないといいます。
もしかすると格闘界に挑戦した日からオリンピックに挑戦する日を待ちわびていたのかも
しれません。

ハイパーレスキュー隊
彼らは命がけの仕事です。
給与も命の代償という程貰っているわけではありません。
ではなぜそこまでして救出作業に命をかけるのか?
「使命感」です。
救出した方を抱きかかえたときのあのぬくもり。
そのぬくもりを人伝いに渡していく。
まさに「命のリレー」です。
「この瞬間のために我々はこの仕事をやっているのです」
あるレスキュー隊員がこう答えていました。

「~のために」
こうはっきりと答えられる仕事・職業ってステキだと思いませんか?
学生さんは3年後こうして胸を張っていえるような会社・仕事探しを目指してください。
そして会社の使命感→経営理念・ミッションをよくよくご覧ください。
うわべだけの会社がごまんとあります。
第一線で働く方々をみてみてください。
うわべかどうか…よくわかりますヨ。

  


2007年01月30日

想い出の喫茶店

午後イチからお客様との打ち合わせのため、天神でランチicon174をとることに。

…で、明治通りと昭和通りの間の細い路地を通っていると
懐かしいお店が目に入ってきました。



「庵道珈琲店」
1977年から続く老舗の喫茶店です。

大学時代、当時付き合っていた彼女に教えてもらった店なのですが、モーニングも
やっていること、セットメニューがたくさんあるということで良く利用してました。

中に入るとOL・サラリーマンで満席状態。
賑やかなのですが落ち着けるface02本当に不思議な喫茶店icon137です。

注文はもちろん「庵道ランチ」。
メインが2品・ライス・サラダ・コーヒーがついて680円。
お得なランチです。

(本来なら料理写真が入るはずが…バッテリー切れicon10ざんねんです)

コーヒーを飲みながら昔のこともちょっぴり想い出したりもして…。
何だか「ほっと」するランチタイムでした。

「庵道珈琲店」
昔のままの喫茶店でした。
これからも今のままで…あり続けてください。

感傷に浸ったじんじぶちょーでした。



  


2007年01月28日

これは実話です~26Years Diary~

渡辺謙のハリウッド進出やTVとのシナジー効果等で活況を呈している昨今の邦画。

先日もクリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」や「バベル」の菊池凛子が
堂々アカデミー賞の「作品賞」と「助演女優賞」にそれぞれノミネートされました。

そんな中、ひとつの日韓合作映画が昨日全国で封切りされました。

「あなたを忘れない」という映画です。

2001年1月26日、雪が舞う東京のJR新大久保駅でのこと。
ひとりの酒に酔った客が線路に転落。まわりの乗客は何もできずにその場に立ち竦むだけ
でした。そんな中、韓国人留学生の李秀賢(イ・スヒョン)さんとカメラマンの関根史郎さんが
危険を顧みずに線路へ救出に飛び込みます。が…
入ってきた電車に轢かれ2人とも命を落とされました。

この李秀賢さんの半生を描いた映画が「あなたを忘れない」です。

英雄でもない、ましては無謀でもない、ひとりの人間としてのありのままの姿が
この映画で描かれているとのこと。

是非観ておきたい作品です。

ちなみに、同じ事故で亡くなられた関根史郎さんが事故当日に撮影した”遺作”が
平成13年の春の交通安全運動のポスターです。このようなポスターとしては異例ですが
「撮影:故 関根史郎氏」の文字がしっかり刻まれていました。
一度、そのポスターを拝見しましたが、感動のあまり鳥肌が立ったことを今でも覚えています。 

  


2007年01月27日

嵐の金曜日

僕らの世代には懐かしい「ハウンドドッグ」のデビュー曲が本日のタイトル。

その名の通りスケジュールも天候も”嵐の金曜日”でした。

午前中は年度末に取り組む外販商品の販売戦略の会議。
ここでは代表の”カミナリicon05”が落下…。
担当部長はまさに地雷の上icon56でダンス状態です。

午後はひと息つく間もなく、顧客からクレームのメールが。
その対応でバタバタです。
おまけに外は、雷は鳴るし風強いしおまけに豪雨…。

夕方からは熊本へ。
これが大渋滞アンド終了時刻を大幅にオーバーのため
せっかく楽しみにしていた熊本の「美味しいとこめぐりicon151」は
やむなくキャンセルせざるを得ない状況に。

トホホ…face07

とその時、前に読んだ本を思い出しました。

ツキを呼び込む魔法の言葉があって、
ひとつは「ありがとう」、もうひとつは「感謝します」。
「ありがとう」何か嫌なことがあったときに使ってみる。
例えば「会社に遅れる!」ときイライラしますよね。そんな時に
「イライラさせて頂き、ありがとう」と言ってみる。でまた嫌なことがあったら
「ありがとう」と言う。不幸は重なるというけれど、それはこの世の法則なのです。
だけど、「ありがとう」と言うと、その不幸の鎖が断ち切れちゃうんですね。
それだけでなく、逆にいいことが起こるんです。
どんな不幸と思われる現象も、幸せと感じる状況に変えてくれる。絶対に。
だから「ありがとう」という言葉は、魔法の言葉なんです…。

「2時間半も会議をやってくれてありがとう」
「クレームを対応させて頂いてありがとう」
「びしょ濡れicon03にさせてくれてありがとう」
「渋滞でイライラicon08させてくれてありがとう」
ここまでくると半ばヤケ気味です。

でも不幸の鎖が断ち切れること
明日は明日の風が吹くことを信じて

明日がHAPPYな一日icon12でありますようにicon59



  


2007年01月24日

イチローと松井秀喜の共通点とは?

シアトルマリナーズのイチロー選手とニューヨークヤンキースの松井秀喜選手。

この2人には共通点があります。

メジャーリーガーicon129だということもそうですが考え方についてです。

「自分と未来は変えられる。過去と他人は変えられない」という言葉があります。この2人
過去と他人のことは考えこまないんですね。ただ自分と未来のことばかりを考えている。

シーズン開幕前、イチロー選手は決まってこういう質問を受けます。
「イチローさん、今年は首位打者取れそうですか?」
イチロー選手は決まってこう答えます。
「わかりません。だって他人の打率は操作できないでしょ!?」
その通りです。

かたや松井選手。入団1年目にスランプに陥り、マスコミから「Ground Ball King(ゴロ王)」
と揶揄されました。このときに日本人記者icon207から口々に
「このように(ゴロ王)言われていますが、いかがですか?」と尋ねられました。
「僕に他人の書く記事は操作できませんから。気にしていません」
松井選手はこう答えていました。
いやはや、おっしゃる通り。

ひとは過去にいつまでもしがみついたり、他人のことを気にしたり。
でもどうしようもないんですよね。何も変わりませんから。

でも自分と未来はいくらでも変えられる。
まさに「無限の可能性」ってやつです。

異国の地であれだけのパフォーマンスをあげている2人。
計り知れないプレッシャーを受けているんだろうけど、
2人共、超icon99プラス思考なんだろうなァ。

この2人にあの松坂大輔が挑む来季のメジャーリーグ。
今からとっても楽しみicon59です。





  


2007年01月23日

「ファミリーで外食♪」 ポイントは感性!?

私、じんじぶちょーには4歳になるひとり娘がいます。

名前は「ちぃちゃん」。

当然!?ながら誰に似たのかかわいくてかわいくて…。
(恐らく世のお父さん方は自分の娘こそ一番!!icon99と思ってますよね)

そんな私がファミリーで食事に行くときに必ずチェックしているところがありまして…。
(あくまでファミリーで外食したときです)
はじめに接客してくれるホール員の対応です。
「お名前何ていうんですか?かわいいですねェ」
このスタッフはズバリ感性のあるスタッフです。次から料理を持ってくる際にも
「はい、ちぃちゃんのご飯ですよ~」なんて名前で呼んでくれて、子供と目が合うたびに
笑顔を振りまいてくれる。これだけでじんじぶちょーファミリーはメロメロface05です。
当然お見送りも完璧なわけで…こういうお店は逆に娘が「あのお姉ちゃんのとこへ行きたい」
と必ず言いますから、自ずとリピーターになっていくんですよね。

逆に…

子供を見ても「かわいい」と言うところか笑顔すらなく淡々とオーダーをとっている…
こういうお店もあります。
「このスタッフはうちの娘を見てかわいい~とも何とも言わない。何て感性のない娘なんだicon15
そう思うじんじぶちょーなのです。
(子を持つほとんどの親御さんは必ずそう思うはずですよね!?)

これ営業の仕事にもあてはまることがありまして、優秀な営業マン=感性が豊かというのが
私の持論です。優秀な営業マンは目にするもの、触れるもの、聞くもの感じたことはとにかく
言葉にして口に出します。
「これ新車ですか?格好いいですね」
「この花、お手入れ大変でしょう。でもキレイに咲きましたね」こんな感じで。

口にしなければその想いは相手に伝わりません。
飲食店に従事されている方、早速お子様向けに接客をお店で確立してみては!?
少なくともじんじぶちょーファミリーは足繁く通うことは間違いありませんヨ。






  


2007年01月23日

必見!!ボディゾーンの効果

例えば、電車などで誰も座っていないシート(7名掛け)がありました。

さあ、あなたはどこに座りますか?

僕は間違いなく両端のどちらかに腰掛けます(おそらくほとんどの方がそうですよね!?)。
仮に僕が左端に座ったとしたら、次の方はまず右端を選びますよね。
間違っても僕の隣にピッタリとくっ付いて座ったりしませんよね。
もし、そんな方がいらっしゃったらこっちは警戒icon177しまくりです。
その次は両端が埋まっているからシートの真ん中に座ろうとする。
このように空いているところへ座ろうとします。

人間にはボディゾーンというものがあって自分から約1.5m以内に第三者がはいってくると
自ずと警戒を抱く…そんな生き物なんですね。

例えば飛行機icon20の中で隣の方が全く見ず知らずの人か、同じ社内の同僚か…
リラックスできるのは当然同僚ですよね。同じ飛行時間でも全く違ったフライトになるかも!?

そんな時は隣の方にあいさつをしてみてください。
アイスブレイク程度の軽い会話ができれば◎です。
「今日はどちらまで?」「ご旅行ですか?」こんな感じです。
すると、不思議なことにリラックスできるんですよね。
トイレに行きたくなっても気兼ねなくいけちゃいます。

これ公共機関だけでなく、入学試験や就職試験の面接前などにも効果てきめんですよ。
ウチの会社説明会ではまずこのボディゾーンのしがらみを取り払うべく全員であいさつ&握手
してもらいます。これだけで場内の空気が一気に和みます。

お試しの価値あり!!です。  


2007年01月21日

10年偉大なり…

「10年偉大なり 20年畏るべし 30年で歴史になる」  イエローハット創業者の
鍵山秀三郎氏の言葉です。創業時、「会社の人の心を癒したい」ということで毎日朝6時に出社
してトイレ・玄関・営業車などの掃除を始めましたが、社員はおざなり程度の掃除しかせず、周
りからは「社長があんなことをして…」と言われる始末。

それでも鍵山氏は掃除を続けます。

そして10年後、数人の社員が掃除を自主的にやるようになり
    20年後、大半が自主的になるようになりました。
さらに30年後、外部から掃除の仕方を教わりに来たり、地域の掃除運動へと広がっていきました。
そして今、ブラジルに住む4,000人以上の現地の人たちが、ブラジルの公園をきれいにしよう
というところまできました。
平凡なことでも、それをやり続けることはやがて大きな力になる
お手本のような生き様です。

ブログを始めて一週間。
カレンダーを見ればすでに空白が…。
そんな自分への戒めの意味もこめて、今日はこの言葉を書きました。
毎日毎日日記を付けられているブロガーのみなさん。
本当に頭が下がる想いです。

今日紹介した鍵山氏の著書は本屋はもちろん、コンビ二でも見かけるようになりました。
それだけ多くの方に支持されているのでしょうね。
ちなみにこの言葉には続きがありまして…
「50年神の如し」
鍵山氏は「50年続けていない私はまだまだです」とある講演会でおっしゃっていました。
素晴らしいお方です。  


2007年01月20日

今日のじんじぶちょーは人事部長らしく…

タイトル通り、今日は人事に関する話を少し。
「新卒採用」 2008年3月卒業見込みの学生さんを対象にした採用活動が既に始まっています。我が社も昨年12月にオープンセミナーを開催し、来月からはいよいよ会社説明会を実施します。
「えーっ、こんな時期から始めるの!?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、これでも動き出しとしては普通です。今年に限って言えばひょっとするとやや遅めかもしれません。

それだけどの企業も人の確保に懸命です。ましては我が社のようなベンチャー企業や中小企業は大手企業と同じことをしてもまず優秀な人材の採用はできません。

我が社が特に注力しているのは「会社説明会」です。
会社説明会は言わば学生さんに対する企業の自己アピールの場です。限られた時間の中で学生さんに「あっ、面白そうな会社だな」と思わせなければいけません。会社案内に載っている内容を話すだけ、VTRを流すだけの説明会では会社の良さは伝わりません。我が社のこだわりを少しだけ紹介します。
①必ず社長が出席する
②パワーポイントを駆使して、ビジュアルにも訴えかける
③BGM♪を忘れずに
④説明会のテーマを決める
他にもいろいろありますがこの4つは我が社の必須項目です。
ちなみに2007年の新卒採用では説明会に参加して頂いた学生さんの95%が
選考を受けられ、最終的に14名の学生さんが4月から新入社員として入社します。
この4つの実践で大きな効果をあげる事ができたのは紛れもない事実です。

今年も多くの学生さんとの出会いに期待しつつ、今期以上に学生さんに
「来てよかった」と思われる説明会に絶対するゾーッ!!!  


2007年01月18日

大きな声で「ハイ」と返事をする

私の愛娘が通っている保育園では、園独自の習得目標というものがあって、そのひとつが
”大きな声で「ハイ」と返事をする”なのです。
実際、いろいろな企業さんの朝礼なり、会議なり勉強がてら見学させていただきましたが、
この返事がなかなかできていない所って多いんですよね。かくいう我が社でも返事はすれど
声が小さい社員を見かけます。

こういった当たり前のことが、当たり前にできなくなった…そう感じることが多々あります。

例えば履き物をそろえること
例えば使ったものは必ず元の場所に直す(戻す)こと

思えば子供の頃に体に叩き込まれたことばかり。
国会議員の方が「ハイ」と返事をするところなど、今まで見たことがありません。

最近本当に物騒な事件が多発していますが、
このようなところから来ているのかなぁと思う今日この頃です。  


2007年01月17日

「練習はうそを言わない」

先日、読売ジャイアンツから電撃的に横浜ベイスターズへの移籍が決まった工藤公康投手。
彼の記者からの「ジャイアンツの若手選手に何かメッセージはありませんか?」という質問に対する答えが「練習はうそを言わない」です。

まさに名言ですよね。
営業マンなら練習→訪問件数、舞台の役者なら稽古になるのでしょうか。私も早速朝礼の
題材でお話させていただきました。

工藤投手の凄いところはこの言葉が自分の”経験”に裏打ちされたものだというところです。
自分の今までの節制・練習に対する取り組みをこの一言に集約したのだと思います。

43歳にしていまだ現役。
こんな40代って格好いいですよね!?  


2007年01月15日

♪あなたが私にくれたモノ

午前中はみっちり会議。夕方から人事の打ち合わせで佐賀県の吉野ヶ里へ。
行く車内で懐かしのソングが流れてきました。その歌とは…
そう僕たちの世代には懐かしい「イカ天」出身のバンド ”ジッタリンジン”の「プレゼント」。
♪あなたが私にくれたモノ○○○○  あなたが私にくれたモノ○○○○~
と今までいただいたであろうプレゼントを淡々とメロディにのせて歌うというソングなのです。
「こんなに沢山のモノをもらって、恋心ももらって大好きだったけど彼女がいたなんてicon07…」と
いうちょっと悲しくてでも明るいそんな歌を聴きながら今までいただいたプレゼントを
想いだしつつ口ずさんでいました。

「あーーーーっ!!!!」

思い出しました。
1月20日は家内のハッピーバースディicon27でした。
というわけで2,3日中にプレゼントを物色します。
家内のお気に入りを再チェックしなければ…。  


2007年01月14日

にちようびの事務所にて

はじめまして。はじめまして。
日曜日なのですが、現在社員・アルバイトの応募を行なっていることもあり事務所で電話受付
も兼ねて出社しています。

この日曜日の誰もいないシーンとしたそしてまたピンと張り詰めた空気が朝早い出社同様、恐ろしく
デスクワークを片付けさせてくれます。

さてさて、先日オリックスブルーウェーブの中村紀洋内野手が退団→引退か!?という記事を拝見
しました。実は彼、ご存知の方も多いかとは思いますが、2年前の今頃はメジャーリーグへ挑戦する
ということで意気揚々と海を渡っていきました。2年後にこのような形で野球ができなくなるかもしれないとは誰が予想したでしょうか。
プロの世界の厳しさを見せつけられた…そんな出来事でした。

自分はそんな危機感をもって仕事に取り組んでいるか?
はたまた社員にその意識を植え付けることができるか?
いや、できるかというよりやらなければいけない
”使命感”を持って

中村選手にはどこかの球団でプレーしてもらいたいですね。
実は中村選手私のひとつ下の年齢なんです。
同世代の一人間として応援しています。
「頑張れ!ノリ!!」  


< 2007年01>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
タグホイヤー フォーミュラー1 ドリームキャンペーン
最近の記事
1月17日 (1/18)
初対面 (5/20)

Powered by  MyPagerank.Net
ページランク
ページランク
SEO Stats powered by MyPagerank.Net
  • seo
ブックマーク


Google
WWW
サイト内

YahooMSN
sitemap
QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
プロフィール
じんじぶちょー
宮崎生まれ、福岡育ち。現在は福岡市城南区在住。新卒・中途採用から社内の教育・研修、人事全般をやっています。趣味は野球・フットサル・食べ歩き(主に新規開拓)。家族との時間がとれないのが唯一の悩み。
オーナーへメッセージ